岸和田ロータリークラブ
岸和田ロータリークラブ
会長挨拶
役員・理事名簿
沿革
青少年
ウインドオーケストラ
活動アルバム
ローターアクトクラブ
用語集
岸和田RC歌
リンク集
HP暦
2009年〜2010年
2008年〜2009年
2007年〜2008年
2006年〜2007年
2005年〜2006年
2004年〜2005年

だんじり

会長 久松正典
会長 久松正典

◎ロータリーは1905年2月23日にシカゴロータリークラブとして誕生しました。
 現在のロータリーは人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において、高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業及び専門職務に携わる指導者が世界的に結び合った団体です。
 ロータリーの主たる目的は地域社会、職場と世界中で奉仕活動をすることです。


 今年度のレイ・クリンギンスミス国際ロータリー会長は、これまでのテーマをすべて見直しロータリアン以外の人に向けてのテーマが少ないことに気が付いたと述べています。
 そこで「ロータリアン以外の人にロータリーの目的を説明すること」「ロータリアンに自分たちの活動の意義を再認識してもらうこと」の両方を満たす簡潔なテーマを探す事を決心しました。

 



「地域を育み、大陸をつなぐ」
Building Communities - Bridging Continents


 が本年のRIのテーマとなりました。
 また、私たちの中核となる価値観=奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップを忘れないようにと述べています。

 2640地区 2010−2011年度 RI第2640地区米田 眞理子ガバナーは地区方針「今を大事に行動し、ロータリーの未来を築こう!」
 地区テーマは「育もう!友愛の心」としました。

 前年度、2640地区、村上 有司ガバナーのテーマ「縁づくり」をうけて、その縁づくりで得た「友愛の心」を育んでいただきたいと、2640地区全会員に思いを伝えています。

 2010−2011年度、岸和田ロータリークラブとしましては、会員の皆様がアクティブロータリアンである為に、例会の充実、奉仕活動の充実をはかりたいと存じます。岸和田ロータリー各委員会の協力を仰ぎながら実行してまいります。
 活動のなかには、今期すぐに実行出来うるもののほか、今期十分な議論をした上で次年度、あるいは次々年度に実行されるものもあるかと存じます。各委員会にて十分なる検討と次年度への申し送りをしてまいります。
 情報の蓄積はRCの財産です。継続を念頭において記録を残すよう致します。

 



「思いやりの心を持ってロータリー活動を」
With your compassion

 を今期のテーマとしました。
 ロータリアン一人一人がもう一歩踏み込んだ心くばりを持って、4大奉仕を実践して行くと同時に、ロータリアンらしい心くばりをもってロータリーファミリー又、ロータリー以外の方々と楽しい人間関係を築きたいと存じます。
 かつて米山 梅吉氏は「ロータリーの例会は人生道場」と云っていました。ロータリーの例会は明るく、楽しいものでありたいのですが、つねに規律有る、心地好い緊張感の漂うものであってほしいものです。

  1. 例会で有意義な時間を
  2. 心の有る奉仕活動を
  3. 新世代の育成を
  4. 会員増強・退会防止につとめ純増1名以上をめざす。
  5. 岸和田4RC協同事業を4RC間にて協議する

 

 最後に、奉仕の精神をもって行動するに当たり、「徳不孤、必有隣」(論語)という言葉を添えさせていただきます。


2010−2011年度
岸和田ロータリークラブ
会 長 久 松 正 典


このような活動をおこなっているロータリークラブに入会し
ロータリーの奉仕活動、友情の輪に参加されることを期待いたしております。


事務局 〒596-0014
大阪府岸和田市港緑町1-1岸和田市立浪切ホール2F
TEL:072-437-2462 FAX:072-437-5088
  管理者
広報委員会
委員長 雪本 栄
kishiwada-rc@tvk.zaq.ne.jp
例会日 毎週水曜日 午後12時30分より 岸和田市立浪切ホール4F交流ホール

Copyright (C) 2007 KISHIWADA ROTARY CLUB. All Rights Reserved