岸和田ロータリークラブ
岸和田ロータリークラブ
会長挨拶
役員・理事名簿
沿革
ローターアクトクラブ
用語集
岸和田RC歌
リンク集
HP暦
2018年〜2019年
2017年〜2018年
2016年〜2017年
2015年〜2016年
2014年〜2015年
2013年〜2014年
2012年〜2013年
2011年〜2012年
2010年〜2011年
2009年〜2010年
2008年〜2009年
2007年〜2008年
2006年〜2007年
2005年〜2006年
2004年〜2005年

だんじり

会長
2019〜20年度テーマ “ノブレス・オブリージュ!世のため、ヒトのため”
2019〜20年度 会長 高松 正剛

 

 岸和田ロータリークラブ(岸和田RC)は世界的な慈善団体国際ロータリークラブの一員として結成され、先日65周年を迎えました。人間で65歳なら老年期の始まりですが、我がクラブは積み重ねた歴史を踏まえて更なる奉仕活動に邁進する青年期の最中であります。

さて、2019〜20年度国際ロータリー会長 マーク・ダニエル・マローニー氏は今年度のテーマとして「ロータリーは世界をつなぐ」を発表しました。そして、

  1. RCを成長させる
  2. 家族を犠牲にしない
  3. 多忙な会員でもリーダーとなれる
  4. 国際連合と共同で活動する

の4つの活動指針を強調されました。

これらの活動は我が岸和田RCでは歴代の会長はじめ会員の努力によりすでに継続中であり、基本的には今までの当クラブの運営を踏襲することが国際的なロータリー活動に合致すると思います。

 また岸和田RCが所属する国際ロータリー2640地区では、2019〜20年度ガバナー中野均氏より今年度のスローガンとして「参加してロータリー活動を楽しもう」が提唱されました。じつは2017〜18年度岸和田RCテーマが「ロータリー活動を楽しもう」であり、やはり今までの岸和田RCの活動を引き継ぐことが地区の活性化のためにも望まれます。

 それでは今年度の岸和田RCの方針は何とすべきかを思案し、昨年度当クラブで議論された言葉「ノブレス・オブリージュ」を採用します。英語読みフランス語で、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、特権階級にはその地位の保持にふさわしい責務があることを指します。

ロータリアンが特権階級であるかどうかはさておき、社会的立場が高いとされるのは確かであり、それゆえにさまざまな権利が与えられると同時に、その振る舞いに一定の義務が法律上、そして不文律上も課せられます。

ロータリーに入会し奉仕活動に従事すればその責務=ノブレス・オブリージュが果たせる、それは世のためヒト(他人)のために役立つ、そうするとじつは自分のためにもなる、私はそんな想いを抱いております。

 したがってテーマを「ノブレス・オブリージュ!世のため、ヒトのため」といたしました。岸和田RCの今年の活動が世の中の役に立ち、少しでも世界の平和に貢献できることを願う次第です。


このような活動をおこなっているロータリークラブに入会し
ロータリーの奉仕活動、友情の輪に参加されることを期待いたしております。


事務局 〒596-0014
大阪府岸和田市港緑町1-1岸和田市立浪切ホール2F
TEL:072-437-2462 FAX:072-437-5088
  管理者
広報委員会
委員長 柿花 江美
kishiwada-rc@tvk.zaq.ne.jp
例会日 毎週水曜日 午後12時30分より 岸和田市立浪切ホール4F交流ホール

Copyright (C) 2007 KISHIWADA ROTARY CLUB. All Rights Reserved